痴漢・傷害などの事件の悩みを集めています

身近な事件まとめ

覚せい剤で逮捕された兄

投稿日:2017/3/22

兄が覚せい剤の所持と使用の容疑で逮捕されました。深夜、自宅に戻る際に職務質問を受けて発覚し、そのまま警察署に連行されたようです。

兄は学生時代からタバコを吸って停学処分を受けたり、ケンカをして警察のお世話になったりなど多くの問題を起こしていましたが、とうとう覚せい剤にまで手を出してしまったということで弟として恥ずかしく思っています。

私は別に兄のことなどもうどうでもいいのですが、両親が狼狽している姿を見ているのは辛いものがあります。私には自業自得としか思えませんが、両親は兄の会社のこと、そして将来のことなどを盛んに気にしている様子です。母に至っては「もう生きていてもしょうがない」などと言い出してしまうほどで、どのような言葉をかければいいのかすら分かりません。

この状況について兄にも伝えて反省を促したいですし、両親も何よりも兄本人と会って話をしたがっているのですが、接見禁止の処置がとられているため面会することが敵いませんでした。1時間でも早く効果的な手を打ってあげたいという気持ちで両親の思いは一致しており、弁護士さんに相談してみようかという話も始めています。

こういったケースの場合、弁護士さんを通すと何らかの効果的な方法をもって兄と接触することができるのでしょうか。両親の力にはなってあげたいため、悩んでいます。